トップへもどる  四尺自慢こしひかりページへ     
 
片貝まつり
片貝の空に咲き乱れる世界一の大花火

町役場のパンフより
 世界一大きい四尺玉花火が目玉の小千谷市
片貝町の片貝まつり花火大会は、毎年9月9日・
10日の2日間開催されます。

片貝の花火大会は地元の浅原神社秋季大祭が
始まりで、江戸時代からの歴史があり、明治24年
には三尺玉を4発も打ち上げたことから、「三尺玉
発祥の地」と言われています。

古くから、子供の誕生や還暦・厄払いなどにちなん
で町の人々が神社に花火を奉納する習慣があり、
その花火が夜空を彩っているのです。

お祭りの日には、成人を迎えた若者が皆戻って
きて花火の「筒引き」をやったり、「玉送り」を
したりと、町民全員参加のお祭りとなります。

花火は山の上で上げられるため、見物人は、
山の斜面の畑に作られた見物席で花火を
見上げることとなります。

今年は、NHKの朝ドラ「こころ」に取り上げられた
りしたため、たいへんな人出が予想されます。


        片貝まつり 煙火番付

《ご注意》
お祭りの日は、町中に車の乗り入れは禁止で
町民以外はなかなか町に入れません。
多くの人たちが、町外れの田んぼの道で花火を
見ておられます。

四尺玉花火(現物大模型)と
安達政晴さんご夫妻
当店の「四尺自慢こしひかり」を作ってもらっている
安達政晴さんも、このお祭りの間は農作業が
お休みです。祭りが終わると魚沼産こしひかりの
稲刈りが始まります。
 
《片貝まつり情報リンク》
片貝まつり迎賓館    http://www.adacchi.com/geihin/top/top_main.html
 
ページのトップにもどる