トップへもどる 商品一覧表 Mail注文 FAX注文
美味しい
新潟米の食べ方

新潟米をもっともっとおいしく召し上がっていただく為に、
ちよっとしたヒントになれば幸いです。


【美味しい新潟米の炊き方】
●計量
お米は、炊飯器に付属の計量カップで、きちんと計りましょう。

●洗米
最初はたっぷりの水でさっと洗い、すぐに水を捨てます。
その後2〜3回程度水を換えて軽くとぎます。
※新潟米は軟質米のため、ザル等で水を切る必要はありません。
水切りをやると、米が割れてふっくら炊けません。

●水加減
通常は洗う前のお米の20%増し、新米の時は気持ち控えてください。
昔の自然乾燥の時代と違い、通常新潟では乾燥機での乾燥のため
お米の水分は、一年中同じ状態となっています。
従って
新米と言っても、お米の中の水分量はほとんど変りません。

●吸水
ふっくらとしたご飯を炊くコツは、お米に十分水を吸わせることです。
水に浸す時間は、夏場で30分、冬場で1時間〜2時間が目安です。
夏場で一晩中水に漬けて置いた時は、炊く前に水を替えるのがコツです。

炊き上がったらすぐにほぐす(電気釜の場合)
炊飯終了の合図がビッビッと鳴ったら、すぐに炊飯器のフタを開け、
内ブタや縁に付いた水滴を拭き取り、
ご飯をしゃもじでふんわりと細かくほぐしてください。
余分な水分が逃げて、ふっくらとしたごはんになります。

蒸らし時間が長くなると、ふたについた水分がご飯に返り
水っぽいご飯になりますのでご注意ください。

しゃもじは炊飯器の外に
炊飯器の内ブタや縁は前日の臭いが残るため、
毎回吹いてきれいにし、
しゃもじは炊飯器の外に置くようにしてください。

※最近の炊飯器は蒸らしを終えたあとに終了の合図が鳴るようになっています


《注》蒸らしが必要な炊飯器もありますので、取扱書をご覧ください。
(古いガス釜や電気釜など)
炊き上がったら、10〜15分程度そのままにして蒸らしてください。
蒸らすことで、釜の中のご飯の水分が均一になります。


ビッビッと鳴ったら、開けてフタを拭く、次に細かくほぐし、水分を飛ばす
炊き立てのおいしさを存分に味わってください。

【お米の保存方法】
日光が直接当たらない、涼しい場所に保存しましょう。

米ビツの虫対策へ

トップにもどる