トキひかりへもどる  トップへもどる 商品一覧表 Mail注文 FAX注文
 
 
平成16年度 時どき・トキ情報記録まとめ
 現在のトキの数; 58羽 ★
  
平成16年の繁殖状況まとめ
 [04.07.28]
・今年の繁殖は終わりました。
5組のペアで繁殖を行い
  ・産卵数 計34卵
  ・孵化したヒナ 計19羽
という結果になりました。

16年に孵化したヒナ19羽のうち17羽は人工育雛され、
2羽のヒナは2組のペアがそれぞれ自然育雛しています。

佐渡トキ保護センターでのトキの飼育数は
58羽(成鳥39羽、ヒナ19羽)となっています。



7月20日現在、佐渡トキ保護センターのトキの数は、
ひな19羽を含む58羽です。

7月9日午前8時前、国内で初めて人工飼育下で
自然繁殖で生まれたヒナが巣立ちをしました。

6月18日〜22日の間に人工ふ化で1羽のヒナが誕生し、
今年のヒナは17羽になりました。
《6月23日・新潟日報より・トキの数56羽》

6月8日〜11日の間に人工ふ化で2羽のヒナが誕生。
《6月12日・新潟日報より・トキの数55羽》

6月4日〜8日の間に人工ふ化で1羽のヒナが誕生し、
新たに3個の産卵がありました。これで今年のヒナは14羽。
《6月9日・新潟日報より・トキの数53羽》

5月28日〜6月1日の間に人工ふ化で2羽のヒナ誕生
《6月2日・新潟日報より・トキの数52羽》

5月25日〜28日の間に人工ふ化でヒナ1羽が生まれ
今年誕生のヒナは、11羽となりました。
《5月29日・新潟日報より・トキの数50羽》

5月21日〜25日の間に自然ふ化で1羽のヒナが誕生。
1つがいのペアが第三産卵期に入り1個の卵を産んだそうです。
《5月26日・新潟日報より・トキの数49羽》
 
5月11日から14日の間に、新たに3個の産卵がありました。
《5月14日・新潟日報より》
 
5月7日から11日の間に、2組のペアがそれぞれ1個づつ
の卵を産卵しました。今回の2組の新たな産卵分を含め、
4組のペアの9個の卵で自然繁殖に取り組んでいるそうです。
《5月11日・新潟日報より》
 
 
 
 
■■■■自然繁殖のひなの巣立ち!■■■■

人工飼育下の自然繁殖で国内初成功した
優優(ゆうゆう・左)と美美(めいめい・右)のペアとひなの姿
産卵  4/28
ふ化  5/25
巣立ち 7/中旬予定



6/14佐渡トキ保護センター
(写真:新潟日報より)

6月14日
ひなは他の人工育すうで育ったひなと比べても
元気で、最近は親からもらったドジョウを丸飲み
できるまでに成長しているそうです。

7月9日朝ひなは、巣立ちをしました。
ひなは、親について元気に地上を歩き
ゲージの中のプールで水浴びもしているそうです。
 
 
トキひかりへもどる