トキひかりへもどる  トップへもどる 商品一覧表 Mail注文 FAX注文
 
 
時どき・トキ情報

平成20年トキ繁殖状況記録
 
★20.12.14
新潟県佐渡市加茂湖近くの山林で、
放鳥されたトキ1羽の死亡が確認されました。

★20.11.8
佐渡市で放鳥したトキのうち1羽が
新潟県岩船郡関川村で確認されました。
佐渡から関川村まで の距離は海を越えて約100kmあります。


現在のトキの数(国内); 122羽
9/5現在国内での飼育数です。

2008年9月25日(木)に
第1回目のトキの試験放鳥が実施されました。


(トキの田んぼを守る会 斉藤真一郎さんより)

詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。


トキ放鳥情報は、下記をご覧ください。
http://ibis-news.blog.ocn.ne.jp/diary/


★20.9.5
9/5、順化ゲージ内で生まれたトキの幼鳥1羽が死亡しました。
これで国内のトキの数は122羽になりました。

■■平成20年の繁殖結果■■
 
平成20年は野生復帰を念頭にトキの数を充実させるため、
人工繁殖と自然繁殖の両方が行われました。
3つの施設「佐渡トキ保護センター」
「野生復帰ステーション繁殖ケージ」
「多摩動物公園」で、
16組での繁殖を予定していましたが、
野生復帰ステーション順化ケージで順化訓練中のトキが
つがいをつくり、そのうち4組が巣づくりと産卵に成功したので、
計20組での繁殖とったそうです。

8月3日現在、2008年生まれのトキ(ヒナ)は29羽です。
ヒナのほとんどは巣立ちをしました。
日本におけるトキの飼育羽数は123羽となりました。
飼育場所とトキの数はこちらです。
・佐渡トキ保護センター    83羽(うちヒナ16)
・多摩動物公園        12羽(うちヒナ8)
・野生復帰ステーション 繁殖ケージ 11羽(うちヒナ3)
・野生復帰ステーション 順化ケージ 17羽(うちヒナ2)

詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。
http://toki-sado.jp/fanclub/0300/2008_7.html

★20.8.6
佐渡にコウノトリが飛来したそうです。
やはり佐渡は鳥達にとって住みよい所のようです。
9月のトキ放鳥を知り、会いに来たのでしょうか。

8/4昼にコウノトリが佐渡の上空を旋回していたとの
目撃情報があり、8/5に日本野鳥の会佐渡支部副支部長の
土屋正起さんらにより確認されたそうです。
詳細は下記読売新聞の記事をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/
news/20080805-OYT8T00688.htm



★20.7.11
第1回目のトキの試験放鳥が2008年9月25日(木)に決定されました。
場所は、新穂正明寺地区にある野生復帰ステーション近くです。

7/11現在、今年トキが産卵した卵の数は121個です。
そのうち31羽がふ化し、2羽が死亡しました。
ヒナのふ化によって、日本におけるトキの
飼育羽数は123羽になりました。
詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。
http://toki-sado.jp/fanclub/0300/2008_1.html

★20.6.20
6/20現在、今年トキが産卵した卵の数は121個です。
そのうち30羽がふ化し、2羽が死亡しました。
ヒナのふ化によって、日本における
トキの飼育羽数は122羽になりました。
詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。
http://toki-sado.jp/fanclub/0300/2008_1.html


★テレビ番組の紹介です。
6月8日(日)午前1055分〜1125
新潟から生放送/TeNY制作
TeNY Touch! eco
スペシャル「トキ…未来へつなごう」

今年秋、佐渡の大空に27年ぶりにトキが羽ばたきます。
佐渡では、トキと人が共に生きる環境再生への取り組みが
進められています。番組では、トキの野生復帰に向けた
課題などについて、トキ野生復帰ステーションから
生中継でお伝えしますのでぜひご覧ください。


★20.6.3
6/3現在、今年トキが産卵した卵の数は117個です。
そのうち29羽がふ化し、2羽が死亡しました。
ヒナのふ化によって、日本におけるトキの
飼育羽数は121羽になりました。
詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。
http://toki-sado.jp/fanclub/0300/2008_1.html

★20.5.20
5/20現在、今年トキが産卵した卵の数は113個です。
そのうち27羽がふ化し、1羽が死亡しました。
ヒナのふ化によって、日本におけるトキの
飼育羽数は120羽になりました。

★20.5.13
野生復帰ステーション順化ケージで、
初めての自然ふ化でトキが誕生しました。 
これを含め国内のトキは、114羽になったそうです。

★20.5.9
2008年5月9日(金)現在、今年トキが産卵した卵の数は
104個です。そのうち18羽がふ化し、1羽が死亡しました。
ヒナのふ化によって、日本における
トキの飼育羽数は111羽になりました。
詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。
http://toki-sado.jp/fanclub/0300/2008_1.html


政府インターネットテレビで、
佐渡のトキ野生復帰の取り組みを
紹介する番組が放送されています。
http://nettv.gov-online.go.jp/channel.html?c=21
番組名は『トキよ再び大空へ』、
掲載日は2008年4月17日です。ご覧ください。


★20.4.23
佐渡トキ保護センターによると4/22現在
国内では9羽がふ化し、
飼育されるトキは成長を含め104羽で、
51個の卵にふ化の可能性があるそうです。

★20.4.22
多摩動物公園で飼育しているトキが産んだ
卵1個がふ化したそうです。
佐渡以外でのひなの誕生は初めてです。

★20.4.17
佐渡トキ保護センターで今季初のトキのひなが
4/16〜17にかけて誕生したと発表されました。

4/17現在で19ペアが産卵し、
51個の卵にふ化の可能性があるそうです。
今期の繁殖は39羽が目標で
秋には10羽前後の試験放鳥が計画されています。

★20.4.15
4/11現在、今年トキが産卵した卵の数は57個です。
・佐渡トキ保護センター 31個(8ペア)
・多摩動物公園      8個(2ペア)
・野生復帰ステーション 繁殖ケージ 9個(2ペア)
・野生復帰ステーション 順化ケージ 9個(3ペア)

トキが産卵してから、ヒナが生まれるまで
28日かかかるそうです。
計算では明日、明後日あたり朗報があるかも知れません。


★20.3.24
東京都日野市の多摩動物公園に昨年12月に移送された
トキのペアが2個の卵を産んだそうです。
22日に生まれた卵はふ卵器で保温し、
24日に確認された卵は、自然抱卵させているそうです。

★30.3.18
今年最初のトキの産卵が、
佐渡トキ保護センターで確認されたそうです。


《新潟日報及び佐渡トキファンクラブより》

 
 
 平成19年の繁殖状況記録へ
 
 
平成18年の繁殖状況記録へ
 
 
平成17年の繁殖状況記録へ

平成16年の繁殖状況記録へ

 
 

 
トキひかりへもどる