トキひかりへもどる  トップへもどる 商品一覧表 Mail注文 FAX注文
 
 
時どき・トキ情報

平成21年トキ繁殖状況記録
 
★第2回目のトキ放鳥が、9月29日に行われました。
今回は、トキ放鳥ゲージから自然に飛び立つのを待つ
「ソフトリリース」方式が採用されました。

詳細は、「新潟日報トキ便り」をご覧ください。


★環境省は7月27日、9月末に佐渡市で行うトキ2次放鳥で
雄8羽、雌12羽の計20羽を放鳥することを決めました。


★トキの飼育数(国内)153羽★
2009/6/30現在、国内での飼育数です。
放鳥された分(10羽→存命8羽?)は除きます。

6月30日今期最後のヒナのふ化が発表されました。

今年トキが産卵した卵の数は113個です。
そのうち46羽がふ化し、3羽が死亡したそうです。
6/30のヒナのふ化によって、日本におけるトキの
飼育羽数は153羽になりました。

【飼育場所と繁殖状況詳細】
■佐渡トキ保護センター
(今期のペア数11。そのうち10ペアが産卵)
産卵数71個 ふ化28羽 うち死亡2羽
■野生復帰ステーション繁殖ゲージ
(今期のペア数5。すべてのペアが産卵)
産卵数26個 ふ化8羽 うち死亡1羽
■多摩動物公園
(今期のペア数2。すべてのペアが産卵)
産卵数16個 ふ化10羽

今期のトキの繁殖数は過去最高で、
113個の卵のうち、46羽がふ化しました。
発育中止卵が6個、無精卵が38個、破卵が23個ありました。
死亡したヒナのうち、2羽は巣から転落し死亡しました。
1羽は、自然育すう中に衰弱死しました。



詳細は下記佐渡トキファンクラブをご覧ください。


新潟日報トキ便りへ


平成20年の繁殖状況記録へ

平成19年の繁殖状況記録へ
 
平成18年の繁殖状況記録へ

平成17年の繁殖状況記録へ
 
平成16年の繁殖状況記録へ

《新潟日報及び佐渡トキファンクラブより》



★第1回目の放鳥の様子★
2008年9月25日(木)に第1回目の
トキの試験放鳥(10羽)が実施されました。



(トキの田んぼを守る会 斉藤真一郎さんより)


 

 
トキひかりへもどる